Home > よくある質問

よくある質問

ご質問一覧

回答一覧

二人目の出産です。入院中、上の子も一緒に泊まれる設備などはございますか?
ファミリールーム(201、205、206、207、208号室)は
セミダブルベッド使用でお子様(5歳まで)と滞在可能です。
ベッド柵の貸出も可能です。

このページのトップへ ▲

病院がお休みの日など急な処置が必要になった際はどうすればいいのですか?
分娩に関しては24時間対応いたします。また、当院受診中の方も、可能な範囲で24時間対応いたします(要事前連絡)。
また、当院は、太田西ノ内病院、寿泉堂綜合病院、星総合病院、公立岩瀬病院、福島県立医科大学病院、獨協医科大学病院と連携し、対応しております。

このページのトップへ ▲

できる限り自然分娩を望んでいます。岡崎産婦人科では、どういう分娩をしていますか?
当院では、医学適応を認めた場合に限って分娩誘発、帝王切開、吸引分娩を行なっております。当院の2013〜2014年統計では、予定帝王切開(骨盤位や前回帝王切開の方)率9.3%、緊急帝王切開率2.2%、吸引分娩率0.5%でした。

このページのトップへ ▲

里帰り出産はできますか?
はい。現在受診中の医療機関からの紹介状をお持ちのうえ当院を受診してください。現在分娩制限を行っております。里帰り分娩ご希望の方は、お電話で仮予約が可能です。予約締切前に御連絡ください。

このページのトップへ ▲

お産の時に好きな音楽を聞けますか?
当院は、分娩室、LDR、手術室に、Bluetooth対応スピーカーが設置してありますので、
お手持ちのスマートフォン等でお好きな音楽をかけながらお産に臨むことができます。
ご自身のお産の時のためのプレイリストを事前に作っておけば、お好きな音楽を聞きながらお産できますし、
あとでその曲を聞き直すと、お産の時の感動を思い出せるかもしれませんね。

このページのトップへ ▲

家族の立ち合いはできますか?
分娩には、ご主人に限らず、ご家族どなたでも立ち会い可能です。また、ご主人に限りましては、帝王切開時の立ち会いも可能です。

このページのトップへ ▲

会陰切開はしたくないのですが、岡崎産婦人科はどんな方針ですか?
当院では、できる限り、会陰切開はしない方針です。切開した場合でも、縫合は吸収糸(溶ける糸)で行い、抜糸はありません。

このページのトップへ ▲

帝王切開は縦切開ですか?横切開ですか?
当院での帝王切開は横切開です。ただし、前回他院で縦切開だった方は、同じ切開創を用いますので、縦切開になります。
ちなみに、創部(お腹のきず)は全例吸収糸(溶ける糸)による埋没縫合で、抜糸はありません。また全例に、お腹の中の子宮切開部に癒着防止材を貼付しております。退院時にはケロイド予防の塗り薬をお渡ししております。

このページのトップへ ▲

出産育児一時金直接支払制度とは何ですか?窓口負担はどのくらいになりますか?
分娩費用は高額ですので、窓口での支払いや費用の準備が大変です。現在、各種保険では出産育児一時金が一律42万円支払われることになっておりますが、出産育児一時金直接支払制度を用いることで、この一時金が直接医療機関に支給されますので、窓口でのお支払いを少なくすることができます。
出産育児一時金直接支払制度を用いますと、正常分娩の場合、平均すると退院時に10万前後のお支払いとなります(入院期間や治療内容によって変わります)。

このページのトップへ ▲

入院中の食事について教えてください。
当院のお食事は、専属シェフが院内で毎食調理しております。食材の安心と安全と味にこだわり、ソースからおやつまでほとんどが手作りで既成品はほぼ使っておりません。お米は、ブランド米のひとめぼれを使用しています。パンは、毎食、厨房で焼き上げております。
お祝い食は当院シェフのフレンチフルコースをご提供しております。お祝い食はご家族と一緒にお召し上がりいただけます。

このページのトップへ ▲

お産後、入院期間中に沐浴や授乳の手順を覚える自信が無いのですが、どうしたらよいでしょうか?
退院までの短い期間ですべてを習得するのはとても大変です。
当院では、沐浴手順の動画や育児案内のコンテンツを収録したiPadを各病室に設置しており、ご自由にご利用いただけます。お子様向けの動画やインターネット閲覧もできます。
沐浴や授乳・育児に不安がある方で、郡山市に住民票がある方は、 郡山市産後ケア事業により、当院滞在(ショートステイやデイケア)での指導を受けることも可能です。
面会時間について教えてください。
面会時間は14:00~20:50です。ご出産時にはこの限りではありませんが、進行状況によってはご家族に一旦ご帰宅をお願いすることもございます。

このページのトップへ ▲

先生のご専門は何ですか?
理事長・院長ともに周産期医学が専門で、長年、産科医療に携わってまいりました。

このページのトップへ ▲

駐車場はありますか?
はい、30台分完備しております。

このページのトップへ ▲

どのような種類のワクチンを扱っていますか?
当院では、Hib, 肺炎球菌(小児・高齢者)、四種混合(DPT-IVP)、ロタ、麻疹・風疹(MR)、水痘(みずぼうそう)、HPV、インフルエンザ、B型肝炎のワクチンを行なっております。予約制ですので、あらかじめご連絡ください。

このページのトップへ ▲

ワクチン同時接種は実施していますか?
はい。当院ではお子さんのワクチン同時接種を推奨しておりますので、少ない通院でワクチンを完了させることができます。

このページのトップへ ▲